温かいキャミソール

温かいキャミソールっていつ着るの

最近では、秋・冬に発熱性や保温性のあるインナーを販売する企業が多くあり、インナーの種類も、タートルネックやUネック、Vネックなどの首の形から、長袖・9分袖・半袖など多岐にわたり販売されています。
しかし、「暖かいキャミソールは必要なのだろうか」と疑問に思ったことはないでしょうか。
キャミソールは、夏場に着ることが多いのに保温性や、発熱性があっても困るし、冬場に着ることはほとんどないのではないでしょうか。
となれば、保温性のそれは不要な気もします。
しかし、これが活躍するのが「春・秋」、季節の境目なのです。
朝晩は冷えるけど、日中は暖かいため、袖のある保温性のインナーでは日中熱いし、袖なしのインナーではまだ朝晩が寒いという時に役立つのが、暖かいキャミソールです。
朝晩の冷え込みから、しっかりと守ってくれ、日中の熱さは袖がない分すっきり快適に過ごせます。
また、オフィスや学校などの強い冷房の中でも体の芯を守ってくれるので安心して着用できるのです。
ぜひ皆さんも、試してみてはいかがでしょうか。

キャミソールでも温かい。冬の優れもの、保温下着。

寒い季節は、何枚着ても、何を着ても冷えるという悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。
そんな方は、インナーを変えてみるのもいいかもしれません。
冬用の暖かいキャミソールも多く発売しています。
2000年代に入り、体から発せられる汗を吸収し、繊維自体が発熱する保温下着が人気を得ています。
今では、種類も増え、機能も進化していて、冬のマストアイテムとなっています。
キャミソールでも暖かいのはもちろんのこと、厚着をしなくて済むため、着太りや肩こりの心配も減って、冬でもおしゃれを楽しむことができますし、体も軽くなった気分にさせてくれます。
また、洗濯をしてもすぐに乾くのが魅力的です。
冬はなかなか洗濯物が乾かず、困った経験がある方も多いことでしょう。
暖かいのに薄手素材の保温下着は、そんな悩みも解消してくれます。
キャミソール以外にも、タンクトップ、半袖や長袖も発売しており、地域や季節によって使い分けるのもいいかもしれません。

『暖かい キャミソール』
最新ツイート

🍧スラひろ(・ω・)ノ🍰
(@hirof4114)

@8_yellow_dqx @pon_pukupon 冬は長袖の着てて全部暖かいからあまり感じなかったけど、夏にキャミソールのヒートテック?ヒートテックのキャミソール?来てると、肌に接してる前後の暖かさが特にわかるというか…そんな感じです(笑)

6日前 - 2018年07月14日


Favorite

最終更新日:2018/6/15